ソルト&ペッパーは誤用!?本当は存在しない!?

ハリネズミの定番カラー「ソルト&ペッパー」

こんにちは、店長のさくです。 ハリネズミって言われてどんな色を想像しますか? 一般的に「顔が黒くて、つぶらな瞳に針も黒くて〜」 「調味料みたいなカラー…あぁそうそう!ソルト&ペッパー!」 そうです、ハリネズミの定番カラーでスタンダードと言われるのは「ソルト&ペッパーカラー」なのです。 あれ、じゃあ今日の記事のタイトルは? ハリ飼いさんたちの常識を覆します。 ソルト&ペッパーなんてカラーは都市伝説に近いです!

ソルト&ペッパーは今の日本に存在しない!?

インパクトあるこの見出し。 実はカラーについて研究している時に違和感を覚えました。 日本のネットや本には定番のカラーが「ソルト&ペッパー」と言います。 しかし外国のサイトや本を読んでいるとこんなことが書かれているのです。 「ソルト&ペッパーなんて都市伝説」「ソルト&ペッパーがいるなら見てみたいわ!」 国際ハリネズミ協会のカラーに関する説明(英語)を読んでも 「ソルト&ペッパーは非常に貴重である」との記述を発見。 えーーーー!!正直びっくりしました。 うちも「しる」や「たけのこ」をソルト&ペッパーとして紹介してます。 しかし真のソルト&ペッパーはブリードの本場アメリカでも殆どいないらしく、売られても高値が付いてるか偽物らしいのです。 え、じゃあこの子たちは何色なの?

ソルト&ペッパーじゃないなら何色?困惑したハリ飼いさんへ

この記事を読まれたハリ飼いさんは困られたと思います。 「急にこんなこと言われても…」 ならその色何色かお教えします。(とは言っても推測ですがね) 実は大抵のソルぺと言われるカラーは「チョコレート」か「グレー」のようです。 顔が黒ければ「グレー」の可能性が高いです。 茶色っぽければ「チョコレート」 もちろんハリネズミはベースの色から派生して数多くの色がありますので確定できませんが。 国際ハリネズミ協会の情報を元にしてるので、国際基準だと思ってもらって構わないです。 「日本は日本だから違うんだよ!」って方もあくまで国際的には、で納得していただければと思います。

なんでソルト&ペッパーという名がついたのか

ちょっと完結っぽくなりましたが続けます(笑) 日本では!世界では!なんて言いましたが ソルト&ペッパーの誤用は日本に限ったことじゃないようです。 海外ブリーダーさんの解説を読むと誤用された答えが見えてきました。 ハリネズミのカラーはIHA(国際ハリネズミ協会)で定められているだけで92種類。 今はその倍近くあるようです。 前の見出しで書いた通り、ベースの色から針や皮膚、マスクの色、斑の有無などによって派生して行きます。 例えば、針の割合が違うだけで異なった色になるわけです。 そんなカラーの比率、マイナーペットであるハリネズミに全ペットショップが対応できる訳ありません。 「黒っぽいな!じゃあこれはソルト&ペッパーにしよう!」という感じで黒ベースの色を全てソルト&ペッパーにしてしまったのが原因のようでした。 海外ブリーダーの集まる掲示板やサイトではその誤用にお怒りのようでした(笑)

まとめ:ソルぺなんて存在しない!

当店でもソルぺソルぺなんて言ってましたが軽々しく使えませんね。(笑) ちゃんとカラーを見極めて店内ポップおよびネット情報を変えたいと思います。 もしうちの子は絶対ソルぺだ!って方がいらっしゃいましたらコメント欄に画像と共にお願いいたします♪ 僕も見てみたくなりました!

コメント

  1. […] 以前記事で書いたソルト&ペッパーは誤用!?本当は存在しない?にも繋がる話ですが […]

タイトルとURLをコピーしました